いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

地に足をつけて生きる

知人に勧められて手に取った。

今まで、

自己肯定感を高めて、目標を持て。

勝ち組にならないと生きている価値はないぞ。

 

そう言われて、

そう言い聞かせて生きてきた。

 

資格や名誉、お金を得るために

「家族や大切な人との時間」を犠牲にしてきた。

「自分を労わる時間」を後回しにしてきた。

 

何が残ったのか?

 

私はアルコールに逃げ、

長男は市販薬に頼り、

夫は、ギャンブルの沼に落ちたまま、

娘は不登校、うつ病

貯金ゼロ。

 

この本は、

啓発本に振り回されて、画一化されていた私に、

新たな考え方を教えてくれた。

 

いや、本当は、自分自身の中でも気がついていたのかもしれない。

「資格取得や名誉欲、金銭欲を満たしても幸せにはなれない」と。

 

この本が、その気づきに確信を与えてくれた。

 

私にとっての幸せは、家族との時間だ。

住みやすい家や

働きやすい職場にする工夫をしていこう。

それ以上は望むまい。

いらないモノに囲まれた暮らしはやめよう。

名誉も地位もいらない。

50歳を過ぎた今頃になって、本当に大切なものが見えてきた。

 

「地に足をつけて生きろ」

「知足」とともに、2023年の私の座右の銘にする。

 

https://amzn.to/3Q38oNK