いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

『夏の終り』

ギャンブル依存症の夫との離婚を考えた時



1.夫の家出

 

3番目の子を妊娠して5ヶ月目だった。

夫が、突然、通帳を持って家を出ていった。

 

「子供2人で精一杯なんだよ」

「3番目は、いらない」

「俺の子じゃないんじゃないか?」

仕事から帰宅した私に、この言葉だけを残して帰ってこなくなった。

ショックで言葉もなく、途方に暮れてしまった。

 

この時の夫の言葉は、今でもフラッシュバックで頻回に蘇る。

 

当時の私は、恋愛ドラマを見て疑似恋愛に浸ることはあったが、

浮気をしようと思ったことはなかった。

お腹の子と上の子ども2人と一緒に、全ての荷物をまとめて離島の祖母のところに身を寄せた。

 

毎日、「元の家に帰りたい」と泣く子供たちと、一年間、離島で過ごした。

 



3番目の子を出産し、叔母や親せきの説得もあり、再び夫と同居するようになった。

 

 

一緒に暮らしても、お互いの気持は離れていく一方だった。

 

 

2.足るを知る(知足)

 

結婚当初からギャンブルをやめられず、現金を持てば、すぐにスロット屋へ直行する夫。

 

会話をしても「お前とは結婚生活を続ける気はない」を繰り返すだけの夫。

 

私は、飲酒量が増えて、夜遅くから飲み友と飲み歩きをするようになった。

飲み友の何人かは、男性だった。

 

私の夫は、アルコールが飲めない。

 

私は、飲み友と飲んで食べ歩きをして、夫とは行けないようなジャズの店や、デイキャンプ、釣りなどにも出かけた。

 

私は、夫や子どもからの電話に、いつしか平気で嘘をつくようになった。

 

先輩や、兄弟からも

「男性との飲み歩きはやめなさい。家族のある身で、そういう関係になれば、熱い鉄板の上でジュージューと、身体も心も焼かれ続けているのと同じことになるのよ」

 

「飲んで遊び歩いてる場合じゃないでしょ。子どもがいるのよ、足るを知りなさいよ」

 

と言われた。

 

旅行や、飲み食べ歩きの楽しさなど、

外の世界を知り、背中に羽が生えた当時の私には、

その言葉は届かなかった。

 



私は、

飲み友たちと、あたらしい世界や知らなかった世界を見るたびに、本気で、夫との離婚を考えていた。

 

夫が家出をしていた1年間、私は、1人で出産や、子どものこと、引っ越しなど全てのことをした。今度は、夫がそれをやる番だ!と、自分や夫、義母、周囲にも言い聞かせていた。

 

ギャンブル依存症の夫から、今まで受けてきた心の傷が、その時の私の考えや行動の原動力になっていた。

子どもたちや義理母にしてみれば全く理不尽極まりない話だった。

 

3.夏の終り

 

瀬戸内寂聴さんの小説に「夏の終り」がある。

 

瀬戸内寂聴さんが、若い頃、夫の教え子と恋仲になり、夫と娘を捨て、

その若者と駆け落ちをした自叙伝である。

満島ひかりさん主演で映画化された。小林薫さん、綾野剛さんが共演していた。

 

そのDVDを見ていたら、私が、飲み友から言われたのと同じようなセリフがあった。

以下、小説より抜粋する。

 

「もう厭(いや)だ。僕は男妾(おとこめかけ)じゃない。あなたの扱いはそうじゃないか、でなかったら、そっちは娼婦だ、あなたは精神的娼婦だ」

 

 

「おれはずいぶん馬鹿にされつづけたと思う。あなたはで木偶(でく)だ。意志なんかない人間だ」

「夏の終り」瀬戸内寂聴/新潮社84頁

 

 

「もうどうなったっていいんだ。ぼくはもうどんな立場だってがまんする。あなたが時々会ってくれるだけでいい、ほんとにそれしか望まない。あなたが苦しむのをみるのはいやだ。捨てないといってくれ」

「夏の終り」瀬戸内寂聴/新潮社84頁

 

飲み友からは、

「貴女は、ずるい。ぼくは何も持っていないのに、貴女は、仕事、旦那さん、子ども、すべて持っている。ぼくは、貴女にとっては都合のいい、ただの飲み友?」

と言われた。

 

そう言われるまで、ギャンブル依存症の夫との離婚を真剣に考えていた。

 

でも、子供たちを捨てるなんてできない。

 

違う男性との再婚や、付き合ったり、一緒に暮らすという「覚悟」もなかった。

 

 

夫や家族との暮らしの「外」にある世界を知り、

外の自由な世界への憧れはあるが、

 

進んでも地獄、戻っても地獄のような気がしていた。

 

瀬戸内寂聴さんが、娘さんと旦那さんを捨てたのは、その男性への恋慕が理由だと描写されている。

 

でも、私はこの歳になって、

 

男性への恋慕以上に、「夫と子供との家庭」の外にある世界への「強い憧れ」があったのではないか、と思うようになった。

 

別の男性への恋慕だけで、子どもは捨てられない。

 

もっと、強い「外の世界への憧れ」と「新しい可能性への挑戦」が、当時の寂聴さんを突き動かしたのではないだろうか。

 



女性として、1人の人間として、

 

・夫と子どもと家庭の中で一生を過ごすか?

・自分の可能性や未知の世界への冒険を続けるか?

 

迷う時は、誰にでも訪れる。

 

そして「夏の終り」は、いつも、

沈みゆく太陽が、空いっぱいに余韻を残すように、

 

こころの中に、いつまでも余韻を残す。

子どもたちの笑顔とともに。