いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

長男の胸元についていた『あおむし』を育てたら『蛾』になったこと

私は、蛾と卵にトラウマがある。



私が、小学校2年生の時、友達からカイコガの幼虫を2匹もらった。

せっせと桑の葉を食べさせ、しばらくするときれいな2つの白い繭(まゆ)になった。

 

ある日、2つの繭(まゆ)からカイコガが出てきて、すぐに交尾を始め、卵を産み始めた。

 

あまりの衝撃に、その一部始終から目を逸らすことができなかった。

 

その時、カイコガの触覚や腹など、『蛾』の細部まで見ることになり、

それ以来、蛾や蝶が大嫌いになった。

 

当時の私は、ファーブル昆虫記にかなり影響を受けていた。

 

ある時は、近所の農家から有精卵をもらってきた。

 

同級生数名と理科室の孵卵器(ふらんき)でヒヨコになるのを待った。

 

しかし、予定日になっても卵から出てこない。

「どうしてかなあ」

みんなで考えあぐねているうちに、友達が誤って卵の1つを落としてしまった。



割れたの中から、ヒヨコになりかけのヒナ(?)が見えた。

あまりの衝撃で、それ以来、高校を卒業するまで卵を割ることができなかった。

 

そうして歳月が流れ、私も親になった。

 

長男が通っていた保育園に桜の木があった。

すべり台にのぼると、桜の木に手が届く。

桜の花が散って、葉桜に赤い実が生ったのを、

長男たちは「酸っぱい酸っぱい」と言いながら取って食べた。

 

帰宅して、ふと長男の胸元を見ると「あおむし」がくっついている。

 

「育ててみようか?」ふいに思い立って、虫かごで育ててみることにした。

 

長男は、カブトムシやカマキリなどには興味を示したが、「あおむし」には、あまり関心がない様子だった。

毎日、「あおむし」にキャベツの葉を2枚与えた。

 

大食漢の「あおむし」は、大きなキャベツの葉をモリモリ、むしゃむしゃよく食べた。

 

小学校2年生の時に、カイコガの幼虫に桑の葉をあげていたように、

私はせっせと「あおむし」にエサを与え続けた。



私は、必ず蝶になると信じて疑わなかった。

 

「この『あおむし』は『はらぺこあむし』のように、

きれいな七色の蝶になる。

 

『はらぺこあおむし』のような、きれいな蝶になったら、カイコガのトラウマも払拭されるかもしれない」

 

そんなことを考えたりもした。

 

ある日、「あおむし」の色が茶色くなり、いつしか蛹になった。

 

そして、羽化・・・・・・・。

茶色くて黒っぽい小さな「蛾」になって出てきた。しかも夜。



調べてみると、害虫に分類される「夜盗虫」に似ていた。

 

その夜、小さな蛾を自然に帰すことにした。あたりは月明かり。

 

長男と2人でベランダに出て、小さな葉っぱに乗せた「小さな蛾」が飛び立つ瞬間を待った。



今まで大嫌いだった「蛾」が、なんだか可愛く思えた。

「小さな蛾」だが、とても大きな存在「自然」そのもののように感じた。

 

「小さな蛾」は、しばらくジッとしていたが、夜の林の匂いに気づいたのか、林に向かって飛び立った。



今でも蛾や蝶は大の苦手で近くにも寄れない。

 

でも、あの羽化した「小さな蛾」のことだけは、鮮明に覚えている。

私の中では温かい記憶である。

 

今では、保育園も取り壊され、桜の木ももうない。

 

毎年、葉桜の季節になると、

 

保育園から長男の胸元にくっついてついてきた

 

ちゃっかり者で可愛い「あおむし」と

夜に飛び立った「小さな蛾」のことを思い出す。