いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

いつまで母さんのトレードマークのメガネが曇る・・・夏はクーラー、梅雨、秋雨


今日は、「いつまで母さん」のトレードマークのメガネのお話。

私は、ひどい近視で視力が左右0.02と0.03しかない。寝ている以外は、常時、分厚いメガネをかけている。

 

今年の妹の誕生日に、プレセントを持って行った。

その日は雨で、仕事の帰りで遅くなったこともあり、妹宅の玄関先で

「お誕生日おめでとう」と言ってプレゼントを渡した。

 

妹の旦那さんも、

「ありがとう。」とお礼を言いに玄関まで出てきた。

 

と、

「・・・」

妹の旦那さんは、

私が話すたびに、マスクと鼻息で曇り、ほとんど前が見えていない私のメガネを見て

言葉に詰まっている。

 

「マスクをしていると、息でメガネが曇りますね。いいのがあるんですよ」

と、メガネが曇らないスプレーを奥の部屋から持ってきて、私のメガネにシュッシュと、吹きかけくるくると指(?)でレンズに塗り広げ、クロスで拭き始めた。

 

「これ、いいですよ。僕も愛用しているんです。メガネ屋さんに売ってますよ」

「便利ですね。購入してみます・・・」

 

 

あれから、半年経って、夏になった。

 

職場やコンビニなど、クーラーが効いている場所から、

外気温の場所に出る際は、一瞬でメガネが例外なく曇り、視界が真っ白になる。

その度に外して、ハンカチで慌てて拭いている。

 

妹の旦那さんのメガネ曇り止めスプレーを、ふと思い出した。

メーカーは、見なかった。スプレーボトルの色も思い出せない。

 

とりあえず、Amazonでそれらしいものをポチってみた。

 

ちょっと得意げな妹の旦那さんの笑顔から、半年。

 

やっと、クーラーの効いた車から降りた瞬間の・・・

コンビニから出た瞬間の・・・

「世界中ミスト。辺り一面、真っ白のコメディアン状態から抜け出せる」