いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

娘の不登校

娘は、中学校入学から不登校になり、全く学校に行かず引きこもっていた。

 

ゲームをするか寝てばかりいる娘に、私も、学校に行かそうと朝から怒ることが多くなった。



別居中だった夫は、娘の不登校に対して、私以上に動揺していた。

 

夫は心配して、行政機関に相談した。



不登校になって半年以上経っていた。

娘は、行政機関が紹介してくれた学習センターに週30分から1時間通い始め、夫も私もホッとした。

その時の心理検査で

娘のIQが75以下であると告げられた。

 

学習センターでは、

心理士さんがカウンセリングをしたり、手工芸などの作品づくりをしていた。

その学習センターへも、約1ヶ月半で行き渋るようになった。

 

夫も私も、せめて学習センターにだけは通ってほしい、

社会や学校とのつながりが切れたら、

今後、この子はどうやって学び、成長していくというのか?

将来は???

 

という焦りと不安が、再び大きくなってきた。

 

ある日も娘は「学習センターに行きたくない」と

ベッドから出てこなかった。

私は、娘に、

「学校には行かなくてもいいから、学習センターには行ってちょうだい」

と言い残して出勤した。

 

娘をセンターに送るために来た夫と、娘。

二人きりになった。

 

夫は、

「何、甘ったれてるんだ!行きなさい」

と、ベッドから引きずり出して、娘にビンタをしたとのこと。

行かない理由を尋ねても、きちんと理由を言わない娘に苛立ち、どこにも行き場のない状態に追い込んでしまった。

 

泣きながら、学習センターに行った娘。

 

学習センターには入らず、

階段の途中で大きめのカッターナイフを2本握りしめて座っているのを

学習センターのスタッフの方が見つけ、

カッターナイフを預かったとのこと。

今まで自傷行為はない娘だが、


よほど思い詰めてたのだと思った。

 

夫も娘も、そのエピソードを一切私に話さなかった。

 

私は、後日、学習センターの心理士さんから聞いた。

預かったカッターもその時に返された。

 

心理士さんから、

本人が嫌がるならば、無理に学習センターに連れてこなくてもいいんですよ。

でも、〇〇さんの時間枠は空けてあるので、

来れそうな時は、いつでも来てください。

と言われた。

 

娘の気持ちに寄り添っているつもりになっていたが、

不登校になった娘の話をきちんときいてあげてなかったなあ・・・でも、

何から切り出せば良いのか?

 

「学校に行かない」娘にどう対応していけばよいのか、途方に暮れてしまった。

 

息子の薬物依存症の発覚と時期が重なり、

あまりの衝撃で、

私は、飲酒する気力もなくなり、

自然とアルコールを飲まなくなった。

 

児童の患者さんの理解のために購入した本だが、

まさか、我が娘のために再読することになるとは。

 

「子どものための精神医学」

  • 出版社 ‏ :  医学書院 (2017/3/27)
  • 発売日 ‏ :  2017/3/27

 

滝川一廣(たきかわ・かずひろ)先生著

1947年名古屋市生まれ。名古屋市立大学医学部卒業後、同大学精神医学教室(木村敏教授、中井久夫助教授)へ入局。青木病院、愛知教育大学障害児教育講座等を経て大正大学人間科学部教授。現在、学習院大学教授(文学部臨床心理専攻)。

ラインを引き、付箋を貼り、5回以上読んだ箇所もある

『安心して家に居られるようにする』

家族として最初にこころがけるのは、子供が安心して家にいられるようにすることである。夫は、毎日、パチンコで別居しているし。2DKの狭いアパート。

安心していられる家庭じゃないな。

引っ越して、夫婦をやり直そうか。「家族」を再構築してみようか。

動こうと決めた。