いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

季節外れですが・・・

勤労感謝の日の出来事


患者さんが

「一輪だけ咲いて落ちていたよ」

と寒緋桜の花を拾い、病棟に届けて下さいました。

「辺りを探してみたけれど、他に咲いている花は見当たらなかった。

こいつだけ早く咲いちゃったんですね。精神科に咲く桜だから、花もバカなんですね〜」

と笑っていらっしゃいました。

懸命に、一つのことだけに命をかけて咲く花は

 

確かに見ようによっては、バカみたいかもしれないけれど

 

こんなにも美しく

患者さんの歩みを引き止め

 

こんなにも美しく

病棟の机の上にある。

 

一つのことに命をかけて咲く花は、たった一輪でも、こんなにも人の心をとらえて放さない。

 

勤労感謝の日の勤務だったが、患者さんが拾ってきた一輪の季節外れの桜のおかげで

豊かな気持ちで働くことができた。

 

今日も1日

ありがとうございました。(o^^o)