いつまで母さん

依存症の家族と暮らす

47歳でやりたいことをめざした時、家族は・・・「生きていたんだよな」

病棟で勤務をしていると、自分の知識が足りないことで、患者さんにきちんと看護ができていないな、と感じることがある。

 

精神科で、10年以上も退院できずにいる患者さんと、社会の急速な進歩とのギャップを目の当たりにすると、何かできることはないかと、真剣に考えるようになる。

 

認定看護師の資格を取ろう。

45歳の時の決心した。

 

それから1年半は、上司から許可をいただいたり、

勤務調整や、自費で学費の準備をした。

 

46歳の時に、受講資格試験を受け、

47歳から2年間の認定看護師の研修が始まった。

 

6ヶ月間の講義は、東京の研修施設で受けた。

 

その間、子どもたちは、夫の実家(お姑さん)と夫が見ることになった。

長男は大学生、14歳と10歳の娘を残して上京し、私は、1人でホテル住まいをして講義に臨んだ。

 

週末は、できる限り自宅に戻った。私自身がホームシックでツラいこともあった。

 

講義の内容も、精神疾患・精神科看護の多岐に渡った。

特に、虐待や、自殺、犯罪被害者、薬物依存症の集中講義の週は、当事者のお話を聞く機会もあり、メンタル的にかなりキツい内容であった。

 

研修の2年目は、2週間の地域施設での実習と、3週間の病院実習(自分が勤務している病院ではない)だった。

 

 

家族への弊害も出てきた。

11歳の娘の運動会に行けなかったこと。

15歳の高校受験生の娘が、10月から不登校になったこと。

 

『認定看護師になり、患者さんの笑顔のために、様々な知識を学んで、良い看護を提供したい』

 

という思いと、

 

自分の子どもたちの未来は?今は?

 

自分の子どもが大変な時に、病院実習をしている場合ではないでしょ!?

 

 

実習中に、頭の中をこだまするリフレイン、心の声。

 

生まれてからずっと、笑顔の多い長女だったが、

LINEのビデオ通話で見る長女の顔は、

笑顔が消え、明らかにうつ症状を呈していた。

 



娘は、不登校のはじめの頃は、日中、ずっと1人で自宅にいた。

同級生たちが心配して、玄関先まで来たりしていたようだ。

 

落ち込みと、うつ症状があまりにもひどいので、

夫の実家で寝泊まりするようになった。

 

日中は、お姑さんが娘のそばにいてくれた。

 

夫は、仕事とスロット屋を往復し、夜、遅く帰宅するという、生活リズムは変わらなかった。

 

娘は、夏休みあたりから

あいみょんの 

 

🎵『生きていたんだよな』

 

をよく口ずさんでいた。

 

youtu.be

 

自死した女の子を主人公にした歌詞。

 

不登校の原因で、『特に思い当たる節はない』という娘。

 

かなりハイレベルな学習塾に、娘の親友が行っていた。娘も、受験生になる春休みから、その学習塾に通い始めた。放課後、一旦、帰宅して、19時から22時まで毎日通っていた。

 

SNS?

友達?

娘に、理由を聞いても答えない。

学校に行かない理由は、特にない・・・と言う。

 

私は、遠く離れた東京で、

病院実習をしながら、自分の娘が中学校の高い窓から、飛び降りないかと、それが一番心配で、怖かった。

 



私の腹違いの妹が31歳で、実の兄のように慕っていた叔父も43歳で自死した。

自死遺族である私は、どうしても最悪の方へ考えてしまう。

 

私の病院実習の受け持ち患者さんは、精神疾患がかなり悪化し入院されていた方だ。認定看護師の実習は、病棟勤務とは違い、受け持ち患者さんとの時間がたくさん持てる。

 

受け持ち患者さんから、入院までの経緯や、ご家族のお話をうかがっている間、

看護師として、女性として、母親として、

様々な考えが、頭の中を交叉し、いたたまれない思いに何度もさいなまれた。

 



母親が、自分のやりたいことを追うことは、子どもにとっては「悪」なのか?

3週間は長い。うつ状態の娘の大切な時に、そばにいない母親は失格ではないか?

実習をやめて帰るべきか?

でも、この実習をやめたら、認定看護師への道は、なくなるかもしれない。

娘が、飛び降りしたら?

 



毎日の実習報告と、看護計画・実践・評価、関係機関との調整などがあり、時間的な制約は多かったが、できるだけ娘とLINEやビデオ通話で話をした。

 

娘が、いつも口づさんでいた、あいみょんの

🎵『生きていたんだよな』の歌詞

 

🎵生きて 生きて 生きて 生きて 生きて

生きて 生きて 生きていたんだよな・・・

 

の部分が、あいみょんの歌い方のせいか、どうしても、あいみょんからのエール

「生きて!」と言われているように聴こえた。

 

 娘、生きて!

 娘、生きて!

 

どこにいても、心の中で、ずっと、あいみょんの歌とともに、私の声がこだまする。

 

 


葛藤の中、夕暮れのビデオ通話で、「お母さん、実習がんばって。私、大丈夫だから。おばあちゃんもいるし」ボソッと、娘が言った。

 

泣いた。

 

娘のこと、

受け持ち患者さんのこと、

認定看護師のこと、

が、一気に込み上げてきて、胸が熱くなった。

 

みんな、生きて!

 

そうして、3週間の実習を終えた。

最後の日、受け持ち患者さんと2人で写真を撮った。笑顔だった。

 

所縁のある病院のそばを通り、帰路に着いた。

 

 

帰ると、娘の三者面談と進路決定が待っていた。娘は、12月から、少しずつ中学校に行けるようになり、笑顔が戻ってきた。

 

翌年の春、娘は、二次募集で高校に合格した。

私も認定看護師の資格試験に合格した。

 

まだ、「大変だったけど、良い思い出だったね」とは言えない、生々しい記憶である。

 

母親が、子どもを置いて、自分の目標に向かってやりたことをやっても良いのか?

子どものイベントには、母親としてそばにいるべきだ。

 

 

答えは、まだ見つからない。

葛藤は続く。

 

ただ一つ、分かったことは、

その場、その場で、

子どもと、自分自身に

真摯に向き合えば、

その場に適した最良の方法が思い浮かぶ

というとこ。

 

現実や、ツラさから逃げないで真摯に向き合う時、どう動けば良いのかが見えてくる。

それが「母親になる」ということではないか?と、思うようになった。

 



今日も、あいみょんの

「生きて!生きて!」と聴こえるエールを胸に、いつまで母さんは、生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月10日は25回目の結婚記念日


夫のギャンブルは、付き合っている時から、「行きすぎてるなあ、変だなあ」

と思うことがあった。

デートもそこそこに切り上げて20時からスロットをしにいく異常さ。

 

今、思えば、あの時ギャンブル依存症だと気づいていたら、

この人と結婚しなかったかもしれない、と後悔することもある。

 

付き合ってすぐ1人目を妊娠。

結婚前だったので妊娠を報告すると、すぐに夫の両親や叔父夫婦、祖父母が顔合わせにやってきた。

 

私の母親は、「看護学校を卒業してから結婚して、また産めばいいから、今回は中絶しなさい」と言った。

 

私の母親についても、いつか書こうと思うが、いわゆる毒親で、様々な問題を抱えていた。夫の父親が「中絶は良くない」と、私の母親を説得して結納の運びとなった。

 

妊娠6ヶ月の時に結婚式をした。

 

私は准看の看護学生だったので、休学して出産した。

その後、復学し、長男を育てながら准看護学校を卒業した。

 

2人目は、それから6年後、正看護師の学校に行っている時に妊娠した。

妊娠4ヶ月の時に国家試験を受け、妊娠5ヶ月の時に卒業した。

 

3人目の妊娠は、流産だった。ショックだった。

 

看護師の仕事していたので、そのせいかとも思い、落ち込みがひどかった。

 

4人目の子を妊娠した時、夫は40歳を過ぎていた。

 

そして、

妊娠5ヶ月の時、「3人目はいらない」と言って、夫が、突然、家を出ていった。

 

夫のギャンブルは続いていた。私の飲酒も続いていた。

給料日前に、夫の所持金が100円以下ということも、よくあることだった。

 

話し合いもなく、通帳を持って出ていってしまった。

妊娠5ヶ月の身重で、小学校高学年の長男と3歳の長女を連れて、

アパートを引き払い、

荷物をまとめて、私の祖母の家に身を寄せるしかなかった。

飛行機が移動手段の離島だった。

 

家庭裁判所に行き、夫から確実に養育費が払われるよう法的手続きをした。

 

それでも、何度も死のうと思った。突然の夫の家出。

3人の子供を抱えて生きていける自信がなかった。

 

上の2人の子の出産は夫が立ち会った。

3人目の出産は、1人で、夜明け前にタクシーで病院に行き、

朝6時13分に出産した。

 

上の子たちが、泣いて、お父さんのところに行きたいという。

どこに行くあてもなく、祖母の家がある離島の空港駐車場に車を停めて、

乳飲み子を抱えて、私は、途方に暮れていた。

 

私は、保育士の免許も持っていたので、

保育士のパートをしながら、生まれたばかりの子供と上の子の面倒を私1人で見ていた。

 

 

小学校高学年の長男は離島の小学校へ転校したこと、

お父さんが家を出ていったこと、

3番目が生まれたこと、

など、彼なりに大きなストレスを抱えていたと思う。

私の過干渉もエスカレートして、勉強のことなどで、長男との言い争いが絶えなかった。

 

 

長女は、天真爛漫でみんなから好かれる女の子だったが、私が、ストレスの吐け口に、長女を怒鳴りすぎたり、お尻を叩いてしまうことが続いた。

 

 

私は、子育てに自信をなくし、長女と長男を怒鳴っては、後悔ばかりしていた。

 

結局、私の叔母と母親が仲介に入り、夫とまた、一緒に住むことになった。

 

しかし、下の子が妊娠5ヶ月の時に話し合いもせず、なんの説明もなく、突然出ていった夫と気持ちが通うことはなかった。

 

夫でなく、『同居している人』『子どもたちの父親』だった。

 

その後も、全く理由を言わす、何度も家出をくり返す夫。

 

下の子が中学生になり不登校が始まってからも、ずっと別居だった。

家出をした夫は、夫の実家で生活し、家事、炊事は夫の母親がする。

 

そうして、ギャンブル依存症の夫、アルコール依存症の私、薬物依存症の長男、不登校の娘の家族の土台がつくられた。

 

どうして『いつまで母さん』というニックネームにしたのか。

 

女として、母親として、妻として、人間として、

これからどうやって生きていけば良いのか、

 

シラフの時は、常に、この問いが自分自身に突きつけられた。

飲酒している間は、その「答えの出ない問答」を繰り返さなくても良かった。

逃げられたし、忘れられた。夜勤明け、夕飯時など、時間を問わず飲酒した。

 

今日は、25回目の結婚記念日。

子どもを育てる同士として夫と一緒にいる。

 

夫とは、趣味も考え方も、全く違う。

 

今では、私が本を読んで学んだので、夫がギャンブル依存症になった理由も理解できる。

 

夫は、生まれてすぐ見ず知らずの民家に預けられた。

 

夫の両親は、両方とも戦争孤児。

親に育てられた記憶が全くないという。夫の両親もこころに傷を抱え、子どもを育てるより、仕事優先だったようだ。

 

夫も両親の愛情を十分に得られないまま大人になった人だ。

 

ギャンブル依存症の夫のことを、哀れに思うこともある。

 

夫は、50代になっても、いつも破れてボロボロのジーンズを履いていた。それしかなかった。ジーンズから、太ももが完全に露わになっていたので、誕生日に新しいジーンズを買ってあげたこともある。

車の修理費用がないといって、落ちそうなサイドミラーをガムテープで固定していたこともある。

 

今でも、夫は、給料日前の2週間は所持金がほとんどない。

 

私たち夫婦は、家賃、光熱費は割り勘。食費は私が出している。

「光熱費が払えないから立て替えておいて・・・」と夫から言われることもある。

 

「いつまで母さん」は、そんな夫と結婚した自分へ諦めと、自分で選んだ道だから仕方ないと割り切った、切なさも込められている。

 

私は子供時代、離婚した両親を見て、「離婚」は親の身勝手だと思って生きてきた。

子どもたちから父親を奪うことはできない。今のところ離婚は考えていない。

 

「母さん家業」をやめる日は来ない。わかっている。死が訪れるまで、私は「母さん」なのだろう。

 

8月10日、25回目の結婚記念日に寄せて。

 

 

 

 

 

 

 

 

長崎で誓った断酒

長崎くんちのお祭りで有名な諏訪神社には、狛犬がたくさんいる。



私が断酒を誓った場所

狛犬の脚にコヨリを結んでから、

今日で断酒2年2ヶ月9日目

今年もコロナで長崎くんちが中止になった。

賑わいが再び戻る日が待ち遠しい

 

キリシタンの歴史の街を歩く

ステンドグラスの美しさ

坂の街、長崎

 

 


美しい街

美しい夜

 

 



今日は、長崎原爆投下の日。

どうか、

この平和な風景が

恒久に続きますように。

 

『統合失調症患者の行動特性 第3刷』昼田源四郎


精神科病棟で働くいつまで母さんとしては、統合失調症は身近な疾患である。

この本は、先輩から勧められて購入した。

 

第1部 統合失調症患者の行動特性

第2部 各特性相互の関係と統合失調症者の全体像

第3部 統合失調症患者との接し方  まとめに代えて

 

の3部から構成されている。

 

昼田先生が長年診療をされてきた統合失調症の方々のデータや体験、

統合失調症を理解するために世界中で行われた心理テストの結果などをもとに

本書は書かれている。

 

第2部の第2章で、

ハローが行った「統合失調症の方に知能テストWAISの一般理解の項目と、

ことわざの意味を問うことわざ試験」を参照に、

統合失調症の特性と生きにくさについて昼田先生が説明されている。

 

統合失調症の方は、日常生活においてモニタリングの機能が有効に働かない。

そのため、常識的な判断が困難になったり、失敗したり、その言動が奇妙で特有なものになってしまう、という。

 

■引用■

 『統合失調症患者がモニタリングの機能に障害をもつのは、

 第一には彼らが現在の状況の正しい把握に障害を持つためであり、

 第二には参照すべき知識ベースの形成が不十分なためであり、

 第三には照合するという関連機能そのものに障害をもつため

 と考えられる。』

 

その他、本書には、統合失調症の方々の特性が列挙されており、

大変わかりやすくまとめられている。

 

統合失調症の疾患理解や、家族や地域、医療、様々な立場から、

どのように関わっていけば良いか、とても役立つ内容になっている。

 

第3章「様子はみない」という項目の中で、

 

不安や焦燥感が強いという特性をもつ統合失調症の患者さんが、

不眠や落ち着かないと訴えてきたときは、

早急に対応するのが良い、と述べられている。

 

 

■引用■

 『彼らの焦燥感や不安感、あるいは落ち着きのなさといったものが、

 多くのばあい一刻の猶予もないほど切羽詰まったものであることを知った』

 

 

これは私が精神科看護師として勤務している中でも、

毎度、痛切に実感していることである。

 

 

本書をおススメする理由の一つは、

昼田先生の統合失調症の患者さんに対する温かい思いも伝わってくる

ということである。

そして「告知」についても昼田先生のお考えが述べられている。

 

私は、自身を振り返り、

日頃から、知らないこと(無知であること)により、

不安が積み重なり、偏見が生まれると思っている。

 

相手を知るということ、疾患や原因を知ることの大切さを日々痛感し、

学ぶことをやめない姿勢が大切だと感じている。

 

偏見のない社会にしていくために、私にできることは、まず、「知ること」である。

本書でも、昼田先生が述べられているが、統合失調症の患者さんは、優しくて真っ直ぐな方が多い。

 

社会の中で、お互いの足りない部分を支え合い、

住み良い社会にしていく同士であり、

仲間である。

 

ぜひ、ご一読いただきたい本である。

 

 

いつまで母さんの体重管理

ダイエットの記録ができる体重管理アプリ シンプルダイエット

ダイエットの記録ができる体重管理アプリ シンプルダイエット

  • SIMPLE APP STUDIO K.K.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

とにかくものぐさなので、簡単が一番。

 

というとことで、

 

老眼で近視のいつまで母さんが、

寝ぼけていても使いやすい

文字の大きさも魅力的

 

朝イチで体重測定をしたら、そのまま記録している。

 

 

他に何も考えずに、

ただ数字をピッピと入力して登録。

 

7月末に、コロナに感染し、

4kg近く体重が落ちてしまった。

 

目標体重を目指し、この2年間、体重が乱高下していたので、

私的には怪我の功名。

そのまま体重キープできたらいいなと思う。

 

 

断酒をはじめたちょうど2年前から記録が始まっている。

 

懐かしい。

メモ書き機能もあって便利。

初めのうちはメモ機能に食事や出来事も記入し、使っていたが、

 

今では、本当に体重を記録するだけである。

 

体重測定は続けることが大切。

記録をつけて客観視することが大切。

体重計に乗らなくなると

てきめんで太る。

私は、この2年間で、2回もリバウンドをした。

この文字の大きさろ使い勝手の良さは、本当に続けやすくて

オススメ。イチオシである。

ぜひ、どうぞ。

『世界一やさしい依存症入門(やめられないのは誰のせい?)』を読んで泣いたこと


10代の方たち(200名くらい)に、メンタル疾患のお話をする機会があり、

たくさん文献を読んだ。

 

ギャンブル依存症、薬物依存症の家族を抱え、私自身がアルコール依存症で、その分野に興味があり、自殺や自傷、依存症関連の本を10冊以上読むことになった。

 

中でも、この一冊は、私自身が身につまされる内容で、

読んでいるうちに、涙が溢れてしまった。

 

リストカット、薬物依存、アルコール依存、その他、性依存やギャンブル依存など、

あらゆる依存症の根底にある、問題と対応方法についてわかりやすく書かれている。

 

薬物依存症の方々に長年関わってきた松本俊彦先生の

実践と経験に基づいた言葉の重みも伝わってくる。

 

快楽のために、依存症になるのではない。

 

依存症になる人は、どうしようもない悩みや苦しみ、

心の痛みを抱えている。

 

依存物質がそれを和らげてくれることを知ってしまった。

『脳がハイジャックされた状態』と説明されている。

 

脳の構造を、いちご大福を用いて説明され、

依存症になる脳のメカニズムもよくわかる。

 

第5章の「トリガーはどこにある?」では、

リストカットをしたくなるときの対処方法が解説されている。

 

私は、この対処方法は、全ての依存症に活かせると思う。

 

依存物質にたよった時や、依存行動を起こした時の

『日付』と『誰と何をしたか』を記録する。

 

自傷はしなかったが、自傷したい気持ちになったマークを決めて記録する。

何回も自傷してしまった回数も記録する。

過食した時もマークを入れる。

 

こまかな記録をつけることで、

「自分の事象トリガー(引き金)なのか」

「どんな状況で自傷しやすいのか」が見えてくる。

それをもとに治療の中で、一緒に状況や心境を分析していく。

 

心の蓋の奥にあるものは、人それぞれ違う。

虐待やいじめ、自尊心を踏みにじられた屈辱、身近な人への怒りなど。

 

つらい気持ちを抱えているはずなのに、もう何年も泣いていない、という人もいる、

という。

 

松本俊彦先生「思い」が垣間見れる本文を引用する。

 

■引用■
精神科医として多くの人の治療にたずさわってきた中で、一つ、確信していることがあります。それは「人生において最悪なのは、つらい目に目にあうことではなく、一人で苦しむことだ」ということです。

中略

彼女に必要だったのは、叱責することも、同情することなく、ただそこにいて関わり続けてくれる人、「困ったね」といいながら、ともに悩んでくれる人だったのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第7章『社会と依存のいい関係』で、松本俊彦先生は、

 

「見せしめの逆効果」や「失敗しても終わりじゃない」の中で、

依存症の人たちと社会のあり方についても、

依存症に人たちへの懲罰的で排他的な関わりはなんの解決にもならない、

 

と説明されている。

 
 
■引用■

「依存症には、ならないほうがいい。

その理由は、この本でくり返し伝えてきたつもりです。

ただ、依存症になったからといって、人生おしまいではありません。

人は失敗することがある。だけど、そこから立ち直ることもできる。

そういう希望を持てる社会のほうが、ずっといいと思いませんか?」

 

 

本書には、アルコール依存症の私を癒すような優しさと、

解決方法と、希望が、ちりばめられている。

 

『ありのままの自分を許す』を読んでいるときは、

 

つらかった・・・今までの私自身を振りかえった

 

親が離婚して『家庭』の消滅を体感した子ども時代。

孤独だった10代。

死を考えた20代。

 

自分では、アルコールに逃げて

自暴自棄になり、

人生を諦めていたんだ、と思っていたけど、

 

本当の私は、

『生きたかったんだ』

 

私は、自分を守るために

一人で戦ってきたんだ・・・

 

 

と知って、

ただ、ただ泣けてきた。

 

 

とても、わかりやすく、温かな本です。

ぜひ、ご一読いただけたらと思います。

 

 

ギャンブル依存症の夫を持つ私の家計簿

結婚して25年になる。ギャンブル依存症の夫のギャンブル歴は、18歳かららしい。

結婚してから、貯金があったことは1日もない。

 

結婚当初は、家賃、光熱費、車検代など、夫にお金を渡せば、その日のうちに全て消えた。

 

今は、家計を別々に管理して、必要なものは全て割り勘にしている。

割り勘と言っても、「今月は、全部使っちゃって、立て替えてて」と言われることもある。

 

光熱費を滞納し、朝、お湯が出なくて、水でシャワーに入ったこともある。電気、ガスが停められたことも何度もある。

 

携帯代も滞納し、夫の携帯がつながらないこともよくある。

 

私は、ノートや主婦之友などの家計簿を利用してつけてきたが、続かず、何度も挫折した。

 

2年前から、YouTubeで「両学長のリベラルアーツお金の大学」で知った『マネーフォワードME』無料版を利用している。

moneyforward.com

レシートの写真を撮るだけで計算してくれる家計簿アプリだ。

初めは、楽しくてレシートを集めていたが、だんだん滞るようになり、レシートだけが溜まりはじめた。

 

現金を持たず、楽天Edyで買い物をするなど、日常をキャッシュレス化すれば、レシートを集めなくても計算してくれることに気づき、再び家計管理ができるようになった。

 

予算も、大まかに一度立ててしまえば、あとは月初めに、先月の予算と使用状況から

予算を立てらる。

 

私は、ものぐさでどんぶり勘定、エンゲル係数もかなり高い家庭で悪い家計管理のお手本みたいな我が家。夫はギャンブル依存症で、いつも「お金がない」が口癖だが、マネーフォワードMEを初めて、なんとか、我が家のお金の流れが把握できるようになった。

 

マネーフォワードMEは、夫や、子どもたちにも教え活用している。

便利な世の中になった。